うなぎ犬

pass3.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 08日

人、犬を思う 1

犬は人間のパートナーといわれるけど、でも、実はそれだけではありません。
人類は道具を改良するように、自分達の目的にあわせて新しい犬種を作り出してきました。
さらにいえば人間の代替物として、実験に使ったりもしてきました。
犬は人類にとってとても扱いやすい道具でありつづけています。
そのことをあれこれ言うつもりはないのだけど、
でも、犬が人間にとってどういう存在だったのか、っていうのは
忘れちゃいけないような気がします。

たとえば、Kudryavkaの話。

もう少し詳しい話はこちらから。

犬好きな人もそうでもない人も関係なく泣けてしまう話です。
欲望に抗えない人間、
その欲望のために死んでいく動物たち。

とりあえず人間の欲望を肯定したとしても、
そこに何の痛みもないというのはありえなくて、
だからこういうflashやサイトが作られたのだと思います。
(たとえば、クドリャフカをgoogleで調べると239000件ヒットします。)

人間同士が殺しあってる時代に、格差社会っていってる時代に、
なんで犬に気をつかわなくちゃならないのよ、、、っていう人もいると思います。
でも、そんな時代だからこそ、
人類とワンワンとのかかわりを遡ってみるといいかもと思いました。
いい話を見つけたら、どんどん紹介してみようと思います。

どんなことがあっても、私たちの傍にいるワンワン。
そのために、ワンワンたちが味わったありえない運命、、、、。
今回紹介した宇宙犬ばかりではありません。人間は自分達の欲望のために
簡単に他の動物を利用しつづけています。
異種の動物だけではなく、人間が人間を利用することも
そうとうやってきました。
私はそういう人間の欲望をすごいなあとおもいます。
ぜんぜん嫌ではありません。
でも、そういった欲望に無自覚で無神経でいることはちょっと嫌だなと思います。

神戸牛のヒレ肉を食べながら、リアル牛が公園に居たりしたら卒倒し、
鴨南蛮に舌鼓をうちながら、鴨の首をひねる人を嫌悪、
散歩のために買ったおしゃれなスニーカーを時給30円で作る娘達の存在も
そこにあるゴミ箱のゴミを回収する男達の存在も知らぬぞんぜぬで、
愛されているために可視化した犬たちが走り回る公園を毛嫌いすることが
そんなにおおっぴらに肯定されることかなとちょっと思うのでした。


b0125280_124375.jpg

クドリャフカあるいはライカという犬
[PR]

# by pass3chan | 2008-07-08 01:47
2008年 07月 02日

対立よりぺロリン

庭先多摩湖 様が教えてくれたHP行ってみました。『愛犬と登山』
熱い思いはものすごく伝わってくるのですけど、いろいろあったのでしょう、
対立姿勢がかえって反発をかうことになっているような気がしてしまいました。
私も反省させられました。

この前の女性は、このようなことを言っていました。
が望むような散歩ができない、ノーリードで自由にさせるな、
吼えさせるな!!」
つまり、犬としての存在を消せという話です。犬がいないとどれぐらいいいかっていうような告白でした。なんでこんなに、彼女は犬の存在を不快だと思うのでしょう?
人間に対して決して危害を与えないように教えられた(学んだ)犬たちが
楽しそうに遊んでいて、その野生を楽しんでいる人間たちがニコニコ楽しそうにしている様子を
どうしてそんなに忌み嫌うべき状況とみなすのでしょうか、、?
「犬がこわいのですが?」って聞いたら、「そうじゃない」っていってたし。
じゃ、なんでだろう?

そういえば、今日、公園によちよち歩きのベビちゃんと若い夫婦がやってきました。
犬たちは興味津々。大きい犬も小さい犬もベビちゃんのところにあつまってご挨拶。
はじめてみるたくさんのわんちゃんにベビちゃんはびっくり、でも、ごんちゃんママが
「さわってみる?なでなで、、、」なんて話しかけて、ベビちゃん、最後には大笑いしてました。
最終的にこのベビちゃんの『未知との遭遇』は相当円満な友好的なものになったようでした。
小学生になる頃には、犬が欲しいっていって、ご両親を困らせるかもしれません。

あ、そうか、
「めーわくしてるんですよ!!
穏やかに散歩ができないリードつけてください、吼えさせないで下さい!!」

(犬たちびっくりしてお座りして女性を見つめてる。)
そういう状況が再びやってきたら、ゴンちゃんママにこういってもらおう!!
「さわってみます?なでなで、してやってください。」

次、今一番かわいいはちくんママ
「かわいいんですよ。ほら、ほら。まだ、赤ちゃん、でもちんたまとったんですぅ。
姉がおしり撫でてほしいっていってますぅ。」
けんちゃんママ
「このこケンチャンっていうんです。犬だからケンちゃん。おっかしいでしょ~~」
らぶちゃんまろんちゃんママ
「ごめんなさい。ラブは、どんなかたにもご挨拶しにいっちゃうの。チュって。どんな人にも。
もう困っちゃう。見極めなさい!」
ルーちゃんママ
「ミルキーのペコちゃん、知ってますよね?ミルキーのルーあれ、、、?
あ、こっちのポロちゃんはもうおばあちゃん。みんな一目置いてます。犬たちの方がよっぽど敬老。がはは。」
エランちゃんパパ
「エラン、待て!」
アンリくんママ
「やめなさい、彼女はボノボすら知っちゃいない。」
ぱっちゃんのあたし
「あらやだ、遊びたがってますよあなたと。」
とか、むりやり『未知との遭遇』させちゃえばいいかもしれませんね。

ちょっと迷惑な気がしても、犬やら猫やら子供やら、自分とは違う感覚で生きているいきものが楽しそうに生きていける世界を目指す方がよっぽど面白いと思うので、これからは、ゴンちゃんママのように積極的にやっていこうと思いました。
すれ違うとき、「元気?」って、ぺロリと足を舐めていくカワイコちゃんちゃんたちのこと、
もっとわかってもらわなくっちゃね。
[PR]

# by pass3chan | 2008-07-02 01:11
2008年 06月 26日

ちんたま青年

いや~~、申し訳ありません。うちのあほぼんが暴れたそうで。

“母だけど 迎えに行けば トラブルが”
遠足に行けばはしゃぎすぎて怪我して「迎えに来てください。」
いってきま~す、って元気に行ったと思ったら、電話がかかってきて、「ランドセルわすれてます。」
“母の日に 救急車で ありがとう”
十年前の母の日に救急車にはじめて乗りました。交通事故でした。

など等いろいろあってああいう男の子が出現したわけですけど、根はとてもいい奴です。
むかしから女性に助けてもらってきたので、お姉さん、お母さん、おばさん、おばあさんには心から親切です。年上の男には厳しい時期でもあります。
なんていうか、ちんたま期です。
不器用だけど、とてもいい奴なので、怖がらないで楽しんでやってください。
去勢されてない青少年を堪能してくださいませ。
[PR]

# by pass3chan | 2008-06-26 23:19
2008年 06月 17日

『犬、人に会う』

『犬、人に会う』っていうコンラッド・ローレンツの本があります。その中で、イヌが人と住むようになったいきさつをローレンツは描いていました。原始時代、イヌと人間がお互いの目的のために協力して狩りを行い始めたシーン。感動的しながら読んだ記憶があります。もちろん狩猟時代なんて何万年もの前のこと、ローレンツの想像でしかありません。でも、動物行動学者ローレンツにそのようなシーンを夢想させてしまうぐらい、イヌと人間の関係は豊かなものである、、、というぐらいのことは言えると思います。太古の昔から人間のパートナーとして寄り添い、慕い、時には守ってくれたのがイヌです。たとえば、この数年でも犬小説が続々刊行されて、それぞれ高い評価を得ています。
『ベルカ、吠えないのないのか?』古川日出男
『犬身』松浦理恵子
そうそう、滝沢馬琴の『南総里美八犬伝』なんていうのもありました。昔話で、正直爺さんに「ここほれわんわん」と富をもたらしたのはポチだし、桃太郎のお供にもなりました。そういえば、忠犬ハチ公に国民レベルで涙したんじゃなかったけ?映像ではディズニーの名作『三匹荒野を行く』、『名犬ラッシー』『百一匹ワンちゃん』『ベンジー』『ベートーベン』などなど、その他にも数知れない名犬映画、ドラマが製作されています。そういえば、昨年公開された『アイ・アム・レジェンド』。後半の失速はあったものの大ヒットしました。公開後、youtubeでは、世界で一人生き残った主人公にとって愛犬がどれほど大切な相棒であるかというシーンを自分の犬で再現したパロディ画像が大量にアップされました。
ことほどさように、昔から私たちは信頼できるパートナーとして、あるいは無私の献身を体現する存在として『犬』を繰り返し繰り返し描いていてきたのです。

なんでこんな話を書いているかっていうと、今日、公園でいつものように集団散歩をしていたら、ひとりのご婦人がわたしたちの散歩グループに、「私は静かに散歩したいのに、リードをつけていないイヌが走り回っていたり、吼えたりするので心穏やかに散歩することができない。ここの管理者に聞いてみるつもりだが、ここではイヌの散歩の方法についても決められているはずだ。あなたたちは規則を破っている。許せない。」っていうようなこと言われてしまったからです。

確かには放し飼いは問題になっていました。きちんとしつけられていない犬も居ますから。けど、私たちのグループの犬は、一定の敷地内から出ないように調教しています。人に危害を与えることは絶対にありません。さらに言えば、そこには犬たちを介在した豊かなコミュニティが存在しています。犬と人共存してきたという何万年という歴史が、どうしたって犬に特別な感情を抱いてしまう人を生み出すのです。わたしたちワンちゃん愛好家には多分、そういうDNAが組み込まれてしまっているのだと思います。そういうDNAが組み込まれていない人は、自分が散歩する空間を犬なんかによって乱されたくないと思うのかもしれませんけど。
私が学生の頃には狩猟民族対農耕民族っていうような比喩が流行していました。この度の話で言えば、犬と一緒に狩猟した記憶がDNAに組み込まれているのが愛犬家で、田んぼの横で家畜化された犬しかイメージできないのが反犬家です。生存状況を向上させるために不可欠なパートナーとして犬をとらえるか、ただの愛玩動物としてとらえるか、この差はとても大きいような気がします。
で、今の日本のシステムは、人間の多様な価値観を調整するなんてまどろっこしいことを避け、規制を大量生産して表層的な平穏を維持しようとする方向に向かっているようで、とにかく、苦情が出たら新しい規則を設ることばかりに腐心しているように思えます。規則を作られれば、とりあえずそれに従っちゃうのが日本人でそれはひとつの美徳なのかもしれないけど、この際、犬DNAをもつ人たちはなんでも規制に従っちゃうんじゃなくて、自らの幸福追求権として犬との生活権を主張してもいいんじゃないかと思う今日この頃です。そうでなければ都会で犬なんてかえません。DNAがいくら要求しても。いずれにしてもこれは地道な運動が必要そうです。では、具体的に次々にあらわれる規制に対して私たちはどういう対抗手段をとることが出来るのでしょうか?
実はひとつアイディアがあります。便宜的にアニマルセラピーグループを立ち上げる、です。犬によって癒される集団です。精神的肉体的生存弱者で犬との生活がどうしても必要である、健康的な生活を送るために、自らに色んな制約を課して、一日のうちの一時間だけ一区域だけの開放をお願いする、です。
「私たちは心身にいろんな問題を抱えているアニマルセラピーグループです。こうして犬を連れて集まって、犬の走る姿を見て癒されることがとても大事なんです。皆さんにご迷惑をかけないように一日一時間一区間だけ、ここをつかわせてもらいたいと管理局にも請願しています。まだ許可をいただいていませんがご理解していただけませんでしょうか?」なんていうようなことをいえたら、相手の戦意も失せるのではないでしょうか。みんなで大きなカンバッチとかつけているとよけいに信憑性が増していいかもしれません。なんにしても私たちの相棒であるワンちゃんの幸せと、それを見ている私たちの幸せを持続させるためになんらかの方策を考える必要がありそうです。
[PR]

# by pass3chan | 2008-06-17 18:04 | 日常
2008年 06月 16日

めっちゃおいしいカレー、そして砂肝

正直な話、っていきなり切り出したらびっくりしますか?
でも、正直な話、カレールウを使ったカレーにうんざりしてました。ハウスでもSBでもグリコでもなんでも同じです。後味悪すぎます。で、今日はカレールウを使わないカレーを作ってみました。カレー粉だけの小麦粉を使わないカレーです。
辛味はぐっとくるし、後味もとてもいい感じですが、なんだかしまらない。で、レモンを絞ってみました。ううう、うまい!!花山椒もちょっと入れて、はちみつとかもちょいいれて、もちろんパセリはみじん切りにして入れました。できれば、ヤモリのミイラも苦味付けで入れたいぐらい、、、まるで魔女鍋です。
後は塩で引き締めて終わりです。ダメだったら、チョコレートかもう一度はちみつかおろしりんごですけど、りんご無いのでキウイをいれてみます。
う~~~おいし~~い。いい感じです。これでいいです。終了。
b0125280_22325086.jpg

それから、またまた、砂肝おやつを作りましたよ。ぱっちゃんには、何にも味付けしなくて茹で→焼く。私には茹で→塩・胡椒で焼く、ですね。これもまた美味です。
b0125280_23233866.jpg

ぱっちゃんのマジ・くれ顔です。あまりのシンケンさに圧倒されます。
「くれくれタコラ」状態です。っていうか、「くれくれタコラ」みてた人いますか?
b0125280_2340562.jpg

[PR]

# by pass3chan | 2008-06-16 23:43 | 日常